日本最大級!高校生による国際協力/SDGsフェスティバル

    

2021年度の事業報告

  • HOME
  • 2021年度の事業報告

ワンフェス・for Youth 過去の事業報告

ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 2021 Onlineの事業報告

2021年度は新型コロナウイルス感染症拡大の乗り越えるオンライン開催!

2021年度は、高校生を中心に延べ900名が参加(各プログラム参加者総数)、当日は高校生を中心に120名以上の当日ボランティアが運営を支えました。本年度も高校生実行委員会を結成し、18名の高校生が参加。

「プログラム実施セクション」、「イベント運営セクション」、「ユース提言セクション」に分かれて、

企画・協働・運営・広報・協賛・提言活動を行いました。

開会式では、SDGsへの理解がより深まることを目的としてクイズやゲームなど楽しみながら学べる場の提供、地球に暮らす全ての人々にとっての「持続可能な社会の未来図」とはどのようなものかを考え、を描くことキーノートのテーマとした。その取り組みの一環として、や「アフガニスタンの現状を共に学ぼう」、「海洋汚染と技術革新の繋がりを知ろう!」、「貧困による開発途上国の教育課題」をテーマとしたワークショップやシンポジウムなど、様々な企画を実施しました。

当日の特設会場はこちらからご覧ください。

開催概要(2021年度)

名称 ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 2021
コンセプト ~私たちが描く持続可能な社会の未来図~
開催日 2021年12月19日 日曜日(9:40~16:00)
開催場所 大阪YMCA (大阪市西区土佐堀1-5-6)
主催 ・ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 運営委員会
・特定非営利活動法人 関西NGO協議会
協力

公益財団法人大阪YMCA

一般社団法人ソーシャルギルド(当日ボランティアコーディネート)

・ワンフェスユースOV会

・ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 高校生実行委員会

運営事務局 特定非営利活動法人 関西NGO協議会
後援

外務省、文部科学省、独立行政法人国際協力機構 関西センター(JICA関西)、大阪府教育委員会、ESD活動支援センター、近畿地方ESD活動支援センター、公益財団法人大阪府国際交流財団、認定NPO法人開発教育協会(DEAR)、朝日新聞社、関西SDGsプラットフォーム

協賛

近畿労働金庫真如苑リタワークス株式会社日本労働組合総連合会大阪府連合会(連合大阪)株式会社オルタナティブツアー「ステハジ」プロジェクト株式会社OSGコーポレーション

助成

外務省NGO事業補助金事業

阪神高速 未来へのチャレンジプロジェクト助成事業

公益財団法人カメイ社会教育振興財団(仙台市)

独立行政法人環境再生保全機構(※ユース提言セクション)

一般財団法人日本国際協力システム

近畿ろうきん・社会貢献預金(笑顔プラス)寄付金

ワンフェスfor Youth2021 Online 事業実施レポート

事業実施レポートはこちらよりダウンロードいただけます。ぜひご確認ください。

なお、事業実施報告書(冊子)をご覧になりたい方は別途事務局にお問い合わせください。