日本最大級!高校生による国際協力/SDGsフェスティバル

    

開催概要

ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 2022 開催概要

ワンフェス for Youthってなに?

今日さまざまな視点から取り組まれている「国際協力/SDGs/多文化共生」という分野。問題を知るだけでなく、解決に向けて何かアクションを起こしたいという若者が今増えています!そんな方のための「最初の一歩」となる高校生を中心としたフェスティバルです。「高校生実行委員会」や「ボランティアリーダー」として、関西地域の様々な高校から高校生たちが集まり、定期的に会議を重ね、テーマの決定、企画、運営、広報など準備をし、開催しています。

事業の背景

グローバル化が進み相互依存が深まる今日、私たちの生活は国境を越えて人々の生命や生活に深刻な影響を及ぼしています。貧困・飢餓・環境破壊・自然災害・感染症・紛争などの問題は、もはや国際的な課題となっています。
そのなかで、早い段階から国際的な視野を持ち、世界が抱える課題に向き合い、柔軟で斬新な発想をもって解決に向けて行動を起こす仲間の育成が求められています。
すでに、国際理解教育が取り入れられている高校もありますが、学習の成果や研究課題について発表し学習内容を共有できるような横断的なイベントは全国的にも見られません。同時に、高校生と国際協力分野に携わる様々なセクター(外務省、JICA、企業、自治体、教育機関、NGOなど)をつなげ、情報共有や情報交換の場を若い世代に提供することも重要な課題だと考えています。

事業の目的 ※2022年度はハイブリッド開催

1.将来、世界的な視野を持って、社会課題の解決に向けて行動がとれる次世代の育成
2.関西地域から全国的に、高校生を含めた国際協力・社会貢献分野に関わる多様な人材・セクターのネットワークの強化、連携の促進

これから、今まで以上に質の高い充実した国際協力活動を展開してゆくためには、若い世代の理解と参加が必要です。また、各セクターの連携や協働は、ますます重要な課題となります。ワン・ワールド・フェスティバル for Youthでは、高校生という早い頃から、本分野に参加し理解を深めることによって、将来世界的な視野を持って社会課題の解決へ向け行動を取れる若い世代を育成します。また、若い世代を中心とした意見交換・情報交換・発表の場をつくり、国際交流・協力に関わる様々なセクターがつながる環境づくりを目指しています。

開催概要(2022年度)

名称 ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 2022
コンセプト ~私たちが描く持続可能な社会の未来図~
開催日 2022年12月18日 日曜日(9:30~17:00)
開催場所

大阪YMCA( 大阪府大阪市西区土佐堀1丁目5-6)

ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 公式ホームページ内特設会場

主催 ・ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 運営委員会
・特定非営利活動法人 関西NGO協議会
協力

公益財団法人大阪YMCA

持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム(JYPS)

・ワンフェスユースOV会

・ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 高校生実行委員会

運営事務局

特定非営利活動法人 関西NGO協議会

後援

外務省、文部科学省、独立行政法人国際協力機構 関西センター(JICA関西)、大阪府教育委員会、ESD活動支援センター、近畿地方ESD活動支援センター、公益財団法人大阪府国際交流財団、認定NPO法人開発教育協会(DEAR)、朝日新聞社、関西SDGsプラットフォーム

協賛

近畿労働金庫真如苑リタワークス株式会社日本労働組合総連合会大阪府連合会(連合大阪)株式会社オルタナティブツアー

助成指定寄付

外務省NGO事業補助金事業

独立行政法人環境再生保全機構(※ユース提言セクション)

一般財団法人日本国際協力システム

近畿ろうきん・社会貢献預金(笑顔プラス)寄付金

運営体制

運営体制

ワン・ワールド・フェスティバルfor Youth2022~私たちが描く持続可能な社会の未来図~は、運営委員会、(特活)関西NGO協議会(事務局)の2団体が共同で主催しています。

運営委員会をはじめとする主催団体が資金の調達・管理や危機管理をはじめとする運営を担当しています。企画の立案は高校生実行委員会プログラム実施セクション委員が担当し、参加者に近い視点から企画や運営を担っています。さらに、高校生実行委員会イベント運営セクション委員が関西地域の高校生を中心に、彼らの活動をサポートする大学生・社会人と共に当日ボランティアとの協調を図り、企画・運営側と当日ボランティアをつなぐ役割を果たしています。

運営体制(2021年7月6日現在)
運営委員会

大阪府立高石高等学校

兵庫県立兵庫高等学校
神戸龍谷中学校高等学校

立命館宇治中学校・高等学校

YMCA学院高等学校
京都女子中学校・高等学校

社会福祉法人聖ヨハネ学園

公益社団法人アジア協会アジア友の会

公益財団法人大阪YMCA

認定NPO法人テラ・ルネッサンス
公益財団法人PHD協会
一般社団法人ソーシャルギルド

・ワンフェスユースOV会

朝日新聞社

リタワークス株式会社
特定非営利活動法人関西NGO協議会 ※事務局
______________________
運営委員長  栗田佳典(認定NPO法人テラ・ルネッサンス
副運営委員長 窪田 勉(兵庫県兵庫高等学校

副運営委員長 鈴木千花(Japan Youth Platform for Sustainability 事務局参画部)

______________________ 

監事      坂西 卓郎(公益財団法人PHD協会

監事      田中めぐみ(京都女子中学校・高等学校

高校生実行委員会

顧問:田中 めぐみ(京都女子中学校・高等学校)

兵庫県立兵庫高等学校

兵庫県立長田高等学校

小林聖心女子学院高等学校

神戸龍谷高等学校

立命館宇治高等学校

京都産業大学附属高校

東淀川高等学校

京都私学フェスティバル実行委員会(同志社高等学校)

大谷高等学校

第一高等学院高等学校(京都キャンパス)

大阪YMCA国際専門学校

淑徳高等学校

京都女子高等学校

運営事務局 特定非営利活動法人 関西NGO協議会

お問い合わせはこちら


小林聖心女子学院高等学校