日本最大級!高校生による国際協力/SDGsフェスティバル

    

お知らせ

お知らせ

2018.11.24企画紹介

ポスターセッション2018 一次審査結果発表

ポスターセッション2018 一次審査結果発表

ポスターセッション2018 一次審査結果発表

ワン・ワールド・フェスティバルfor Youth 高校生のための国際交流・国際協力EXPO 2018
ポスターセッション一次審査の結果について

書類審査の結果、以下のとおり「ファイナリスト」10チーム、
「セミ・ファイナリスト」8チーム,「SDGs応援枠」4チームが決定いたしましたのでお知らせします。

1.ファイナリスト

(学校名:チーム名 「タイトル」の順で掲載)

1.兵庫県立高砂南高等学校:地球戦隊『ゴミ減らすんジャー』
 「My○○キャンペーン Which do you use?」
2.兵庫県立高砂南高等学校:カカオ
 「子どもの未来を救おうプロジェクト」
3.兵庫県立尼崎小田高等学校:Consider Disaster Prevention
 「Let's walk together!」
4.神戸市立葺合高等学校:NARISA
 「Bridging the Gap」
5.兵庫県立兵庫高等学校:兵庫高校外国人労働者
 「外国人労働者に多く来日してもらうために」
6.大阪府立堺東高等学校:チーム国際理解・食糧班
 「捨てられる食べ物と子どもたちのいのち」
7.立命館守山高等学校:Seeds
 「LGBT(同性愛者)が生きにくい現状について」
8.立命館守山高等学校:Front Runner
 「日本の防災協力を世界へ!」
9.立命館守山高等学校:アーサーカレー
 「作れカレー 明ルウいトレード」
10.立命館守山高等学校:ANAP
 「ASSISTANCE FOR SPORT」

※ファイナリストは審査員による当日審査により、優秀賞3チームおよび、当日の人気投票から選ばれた1チームが、特設ステージで発表します。
  

2.セミ・ファイナリスト

(学校名:チーム名 「タイトル」の順で掲載)

1.立命館宇治高等学校:tomato
 「教育における女性への差別」
2.兵庫県立兵庫高等学校:兵庫高校 難民
 「知って守ろうロヒンギャ」
3.兵庫県立高砂南高等学校:世界を変え隊
 「戦争が起こす不幸から人権を守る為に」
4.大阪府立堺東高等学校:チーム国際理解・教育班
 「質の高い教育をより多くの子どもたちに」
5.立命館守山高等学校:Super Support Heros
 「災害で苦しむ人は減らすことができるのか!?」
6.立命館守山高等学校:ゆずこしょう
 「包装で変える意識」
7.立命館守山高等学校:バタコと愉快な仲間たち
 「アフリカの人々により綺麗で安全な飲料水を飲ませたい!」
8.立命館守山高等学校:チェーン
 「タイ米甘酒でアジア圏の発展途上国の経済力向上に貢献」


※セミ・ファイナリストから当日の人気投票により選ばれた1チームが特設ステージで発表します。

3.SDGs応援枠
社会の課題をジブンゴトとして考えている高校生たちの応援枠です。

※SDGS応援枠については、当日参加には条件があります。
※当日発表のみ、当日審査の対象にはなりません。

学校名 チーム名 『タイトル』

1.京都学園高等学校:Team Brown
 「Stop food loss for the hunger problem」
2.神戸市立神港橘高等学校:チームドラタイ
 「インバウンド観光に対応した神戸のホテル~人にやさしい街、神戸~」
3.神戸市立葺合高等学校:Good Snowmen
 「日本における若者の政治参画」
4.京都女子高等学校:チーム放射線
 「どう向き合う!?原子力発電と私たち」


※「ファイナリスト」、「セミ・ファイナリスト」および「SDGs応援枠」のチームへは、
当日までの流れや詳細を後日メールにてご連絡いたします。

審査員からのコメント
ワンフェスユース2018ポスターセッション
一次審査審査員からのコメント

 選んだ国際課題についての強い関心、「現状を変えたい!」という熱意は

よいプレゼンをつくる条件になると思います。皆さんが、解決に向けて

(インタビューなど)何か行動をして、そこで聞いたこと・感じたことを

もとに分析や提案がされていると、ポスターセッションを見る相手にも

わかりやすく、心に響く発表ができると思います。

 

 このような探求活動に一番大切なところは「問い」だと思っています。

アイデアに気持ちが向いてしまうかもしれませんが、より大切なのは「問い」です。

皆さんが、何に疑問を感じ、何が課題だと感じ、

何をどのように変えたいと考えるのか、深く深く考えていけば、

おのずとよいアイデアがわいてくるのではないでしょうか。

 

 皆さん自身が強い関心をもって、「面白い!」と思って探求しないと

相手にはなかなか響きません。その部分を皆さんの熱意や行動や分析で

みせてください。期待しております。

お知らせ一覧へ戻る

ワンフェスユース2020LP